仮免公認会計士Mなりの逡巡

会計士情報半分、雑談半分で再始動します

2019年6月からの日商簿記試験範囲の改定は会計士を目指す人にとって望ましい?

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

年の6月の第152回日商簿記検定から試験範囲が改定されます。

その中でも特に簿記三級の試験範囲が変わります。

 

ちなみに私が簿記三級を受けたのが高校1年の11月(第135回)ですのでもう五年も前です。

 

あれからどれほどの改訂がなされたのは定かではありませんが、私が受験したころと比べれば、より現代に即した試験範囲になっているといえるでしょう。当たり前ですが。

 

今回は簿記三級の改定の中での重要点を挙げて、それは会計士を目指そうと考えている方にとって有利に働くのかを述べます。

 

 

https://www.kentei.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/2019_kaitei1-2.pdf

試験範囲変更区分(出典:商工会議所)

 

大きな変更点

 

 

一番の大きな変更点としてはやはり、資本金や設立、配当といった会社簿記に必須な勘定科目が三級の範囲に加わったということでしょう。今までの三級の商業簿記は、個人事業主の会計を前提としており、財務諸表というよりもむしろその作成の土台である仕訳帳や総勘定元帳が重視されていました。

 

今回の改正により、簿記三級も個人事業主を前提とした簿記から、株式会社会計を前提とした簿記への移行がされたことがわかります。

 

会計士はそもそも主に会社を相手にした業務をしているため、その選抜試験も自ずと会社実務に関した会計知識が問われます。

そういった意味ではこの改正は、これから会計士を目指したいと考えている人たちにとって望ましいでしょう。

 

また早くから会計士受験科目の1つである会社法に触れることができるのも良い点です。(資本金計上や配当規制など)

 

 

 

 

その他の変更点

 

 

・消費税や法人税が追加

 

簿記二級また会計士試験の重要論点のうちの1つに税効果会計があります。その耐性をつけるため早いうちに税金に触れるのは望ましいことだと思います。

 

・見越、繰延といった文言を削除し、前受や前払、未収、未払に変更

 これは当時勉強していた私にとってもわかりづらく頭を悩ませていた文言だったのでこの改正は多くの人にとって吉報でしょう。

 

これに繰越とかいう言葉が加わったときは頭がパンクした。この勘定科目を作った人間は頭がおかしい

 

・固定資産台帳が追加

 

未知数です。

 

ただこの台帳は、会計士試験合格後の実務でよく出てくるものなので、会計士試験には今のところ出題されないでしょうが早いうちに慣れるのも良いかもしれません。

 

・直接法が廃止

 簿記三級では有形固定資産の減価償却しか出題されないため今回の改正は妥当()と言えます。直接法では、償却後の金額が記載されるため、帳簿価額(減価償却前の価額)が表示されず、また一目でどれだけ減価償却がされたかわからないといういいとこ無しの表示方法です。

もう一つの間接法と選択適用できるのですが、会社の実務では直接法はほとんど使われません。

 

ただこの直接法は、簿記二級から加わる無形固定資産の償却方法として重要な役割を果たします。

 

この改正も実務に即した株式会社会計への移行の1つといえるでしょう。

 

 

 

電子記録債権、債務が追加

電子化し高度化した現代社会に欠かせない勘定科目といえるでしょう。

 

 

最後に

 

 

簿記三級は基礎的であるがゆえに重要です。

会計士試験を受験しようと考えている方は予備校などに通う前にこの際一度勉強してみてはいかがでしょう。

向きか不向きや、会計が楽しいか楽しくないかがわかるはずです。