Twitter

はてな

死文大学生Mなりの備忘録

主に会計士試験や合格後の話、旅行その他雑談、英語勉強中。底辺から脱却してゆくゆくは新世界の神になるつもり。

英語の勉強始めるの巻②

どうも今の所はやる気が継続している男、Mなりです。

 

とりあえず今日昨日一昨日でここまで進みました。f:id:crw09ry19:20180914011051j:image

使ってるアプリはmikanです。

このアプリは無料でもかなり英単語を学べるためおススメです。

 

 

 

 成果

 

まずセンターレベルから始めましたがセンターレベルでも2割くらいは曖昧なのがあり英語力の低下を痛感しました。

TOEICTOEFLの英単語は簡単なものから語り難しいものまで幅広くあり勉強になりました。

 

 

そしてGRE、、、、

 

 

これに関しては全く歯が立たないという感じでした。レベル1/15ですら8割がたわからないという圧倒的難しさで心がぽっきりと折れました。

 

GRE とは、Graduate Record Examinationsの略。基礎学力を測るテストです。アメリカの大学院への出願にあたっては、その他出願書類と一緒にGREのスコア提出が求められ るのが一般的。TOEFLやIELTSは留学生のための試験ですが、GREはネイティブの学生にも課されます。GREテストはETS(※)により実施され ています。
※Education Testing Service社。USAの非営利団体で様々な学力能力テストを実施している。

 

 

 うん。無理(笑)

GREなんて初めて知りました。

日本の大学入試の国語の問題が問われるみたいなレベルでしょうか。

 

ちょっと法律をかじった人間がいきなり司法試験受ける並みの無謀さでしたね。

 

GREに関しては、装備を固めてから戻っていきたいです。

 

 

 

学んだ英単語の抜粋

windfall(n)風邪で落ちる⊃棚ぼた、思いがけない           授かりもの

seal(v)閉める⊃密閉する、封鎖する、(契約を閉める)捺印する

cater(v)提供する(基本自動詞)

 

 

あとtempleに、こめかみという意味があるのは知りませんでした。

 

 

1650個経過時点でわからない、またはあいまいな単語が124個もあり驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

飲み会からのカラオケで更新が遅くなりました。

 

 最後までありがとうございました

   

 

 

 

またこんど!!!